あなたの周りに、こんな人はいませんか?

身体面で

・動悸 ・頭痛 ・筋肉痛 ・吐き気 ・過呼吸

・手足のだるさ ・過度の発汗 ・喉の違和感 

・胸の痛み ・下痢 ・胃腸障害 ・食欲不振 

・呼吸困難 ・悪寒 ・のぼせ ・冷え ・ふるえ 

・めまい ・しびれ ・発疹 ・じんましん

行動.png
からだ.png

心理・感情面で

・怒り ・ショック ・混乱 ・驚き ・抑うつ 

・不安 ・孤立感 ・恐怖 ・悲しみ ・罪悪感 

・圧倒された感じ

思考・認知面で

・自己嫌悪 ・集中力の低下

・記憶力の低下 ・仕事の満足度の喪失

・自信喪失 ・周囲に対する嫌気

こころ.png
差し替えデータ-01_edited.jpg

行動面で

・(通常の行動パターンの変化に際し)決断を

 下すのが難しい

・イライラしている ・トラブルを起こしやすくなる

・お酒やタバコが増える ・食べ過ぎるまたは食べられない

・仕事の能率低下 ・口数が減る ・周囲の接触拒絶する

・身なりにかまわなくなる ・無断欠勤

その他に

・人を信用しない/疑い深人とわるのを嫌が・笑い(怒る)声や物音、臭いに敏感

・感情の波が大きい ・人の顔を覚えられない ・些細なことにこだわる 

・自暴自棄的な行動/自傷行為 ・すぐ爆発する ・物忘れが多い ・呆然としている 

・好き嫌いが激しい 

原因は、トラウマ(こころのケガ)かもしれない

これらの反応(症状)は、何らかのトラウマになるような出来事に遭遇すると、

誰にでも起こり得る当然の変化です。子どもの場合は、これらと違った変化が生じることがあります。

※トラウマになるような出来事が原因でない場合でも上記症状が出てくることもあります。

手をつないで

​トラウマについての正しい知識を身につけ、

トラウマインフォームドな関わり方を学ぶことができます。

トラウマとは、個人で対応できないほどの圧倒されるような体験によってもたらされる

こころのケガのことです。

トラウマとなる体験(外傷体験)によってさまざまな心身の反応が起こります。

トラウマとなる体験として、地震、津波、台風等などの自然災害、

虐待、犯罪、性暴力、交通事故などによるものがあります。

日々の生活でも、重い病気やけが、家族や友人の死、別離、いじめなどでもトラウマとなる場合があります。

外傷体験2.png

トラウマ(こころのケガ)となる体験は、
行動・こころ・からだに影響を与えます!

Still0906_00016.bmp
Still0906_00004.bmp
Still0906_00014.bmp
Still0906_00003.bmp
Still0906_00017.bmp
Still0906_00011.bmp
Still0906_00019.bmp
Still0906_00000.bmp

​ご注意事項

クリックすると、3分弱の映像が流れます。

こころのケガとなってしまうかもしれない場面を多数含んでいます。

あなたや周囲の辛い出来事を思い出させてしまうことがあります。

私たちは何ができる?

4つのR (SAMHSA,2014):
トラウマへのアプローチの方法

4つのR図1.png

①「理解する」(realize)

→トラウマがこころ、からだ、行動に

 どのような影響を及ぼすのかを理解する

4つのR図3.png

③「対応する」(respond)

→(学校の)方針や進め方、実践にトラウマの配慮を

 組み入れる

4つのR図2.png

②「気づく」(recognize)

→トラウマの知識を持つことで、子どもの行動に

 トラウマの症状が現れている事に気づく

4つのR図4.png

④「再受傷させない」(resist re-traumatize)

→トラウマを思い出させることがら(リマインダー)を

 回避できるようにする

Substance Abuse and Mental Health Services Administration(2014)

SAMHSA's Concept of Trauma and Guidance for a Trauma-Informed Approach.

TIC的対応の具体例

TIC的非TIC的対応_edited.png

「安全感を高める」「対処行動を学ぶ」「ストレングスを高める」が重要

Still0906_00011.bmp

TIサポーター研修について

本オンライン教材は、こころをケガしたときでも、安心・安全な場で人を信頼し、自分を信じて、

前に進んでいけるようにするための個々のアンカー(船のいかり)になればと願って作成しています。
身近にあるさまざまなことがトラウマとなる場合もあり、その人たちをささえていくことの重要性を共有し、

トラウマを抱えた人達が、笑顔になっていく方策を一緒に模索していきます。
サポーター用教材と、応用編にあたるコーディネーター用教材をご用意しています。

サポーター用教材から受講をご検討ください。一緒に学びを深めていただけると嬉しいです。

受益者の声

これまでは困難を抱えているかもしれない患者に出会ってもどうしていいかわからず正直面倒に思っていたが、

これからはつなげる先があるということで、安心して対応できるという楽な気持ちで対応できるようになった。

(医療従事者)

TICを学ぶまでは、生徒・保護者との対応上の問題についてただただ困難感を感じていたが、TICを学んでからは、

「ん?」「何か気になる」「なんでだろう?」と考えるようになった。そして、そこからさらに一日歩み寄って

生徒・保護者と話をすることで、もっと違う一面が見えてきて、対応解決への糸口が見えてくることもあった。

TICを学んだことで、自分たちの気持ちの持ち方もかわり、困難感というストレスが少し軽減したようにも思う。

(学校教員)

「これまで経験値の高い個別の助産師のみが社会的困難患者に対応していたが、スクリーニングがなされるように

なったことで、経験値の低いスタッフも課題を抽出できるようになった。抽出される課題やその後の対応の質も、

以前と比べて遜色なく、より広く標準化したケアを提供できるようになった。」

(産婦人科医師)

毎日毎日が忙しく、ミスを許されない環境のなか、赤ちゃんが亡くなったお母さんに対してもゆっくり気持ちに

寄り添うことができず不全感を感じていた。

アートやヨガのような自分と向き合うプログラムは医療スタッフにこそ必要なのではないかと思った。

(病院助産師)

研修後の結果

Still0906_00008.bmp

小中高生徒指導を対象としたTIC研修の結果

表1.講義内容

〈小児科医から〉『子どもの話の聴き方』

  ・子どもの性の発達

  ・子どもにとっての「質問」の意味

  ・ありがちな面接と目標とする面接

  ・子どもの言語能力・発達段階の評価

  ・子どもとの面接におけるDo and Don't

〈精神科医から〉『性的な問題についてどう対応するか』

  ・トラウマインフォームドケアの定義

  ・トラウマの有病率

  ・ACEs(逆境的小児期体験研究)

  ・トラウマとなる出来事、影響、反応

  ・トラウマの脳への影響

  ・被害生徒/保護者への対応

    (理解ー観察ー安全な環境確保ー心理教育)

  ・加害生徒/保護者への対応(背景を知るー心理教育)

  ・学校全体の対応(クラスづくり)

(弁護士から)『被害者・加害者が未成年の場合の性犯罪の

 法的対応について』

  ・性犯罪の対応の難しさ

  ・被害者対応

  ・加害者対応

図2.研修前後の教職員の対応認識の割合(%)

図1.jpg
Still0906_00008.bmp
Still0906_00001.bmp
Still0906_00004.bmp
Still0906_00003.bmp

トラウマを理解する人が増えるとどんな社会になっていくのか

周囲にトラウマの理解がないために、誤解されてしまい、
更なるトラウマを負ってしまうことがあります(これを再トラウマといいます)。
そのような再トラウマ化を軽減・回避するためには、人々の行動の背景には
”何かあるかもしれない”と、いったん立ち止まって考えることが必要です。
トラウマのことを理解すると、相手にもっとやさしく接することができるかもしれません。
そして、そのような理解の輪が周囲に広がると、社会はもっと生きやすいところになります。

毎原先生レタッチ.jpg
TICC 代表理事
毎原敏郎

小児科医として子ども虐待に関わる中で感じるのは、外に現れている姿は虐待という「してはならない」形であっても、自ら望んで虐待をする親はほとんどいないということです。子育てがうまく行かず、周囲に援助を求めることも躊躇して独りで抱え込んでしまうのは、実はその人のトラウマのせいかもしれません。そういう視点を持ち、関わる側、関わられる側という間柄を越えてお互いの理解が深まることが、虐待の予防という最終的なゴールに繋がると信じています。

兵庫県立尼崎総合医療センター 小児科長
DJI_0182.JPG
TICC 代表理事

ソーシャルワーカーとして、そして福祉の研究者として被害者支援に携わってきました。被害者支援は制度上は改革されてきました。しかし、サポートが必要な人々に適切な関わりが行き届いているとは言えません。

その理由の一つに「トラウマ」やその対応の理解が進んでこなかったことがあげられます。本活動が、人がこころのケガを負った時に、互いに思いやることのできる優しい社会づくりの一助になればと願います。

大岡由佳
武庫川女子大学 心理・社会福祉学科 准教授

スタッフ

トラウマインフォームドケアの学びは、
何か決まった技法をみにつけることと同じではありません。


トラウマインフォームドケアとは、

存在する一つの考え方(Is a way of being )であり、

人々の経験を理解すること(Is understanding what people are going through )であり、

話し方(Is a way of talking )でもあり、

ケアを行う一つの視点(Is a way of offering care )なのだといわれまています。

 

「技法」の習得というよりも、「態度」の形成・変容に近いものです。
 

トラウマインフォームドケアの学びを深めることで、

自他ともの安心・安全な感覚を知り、意識できるようになります。

この学びが昨日よりも誠実で安定したサポートにつながります。

相手のみならず、自分にも優しくなることができるようになるでしょう。

Still0906_00016.bmp
Still0906_00000.bmp
Still0906_00017.bmp
Still0906_00013.bmp
手をつないで

​トラウマについての正しい知識を身につけ、

トラウマインフォームドな関わり方を学ぶことができます。